臓器移植推進月間 御坊保健所も啓発

 臓器移植普及推進月間 (10月) に合わせ、 御坊保健所が臓器提供意思表示カードを持つよう協力を呼びかけている。
 臓器移植は、 病気や事故で臓器が機能しなくなった人に健康な臓器を移植する医療。 日本臓器移植ネットワークによると、 日本で移植希望登録をしている人は約1万3000人いるが、 提供は少なく、 多くの人が移植を待ちながら亡くなっている。 意思表示カードは、 脳死後に臓器を提供する意思があるかないかを明確にする手段の一つとなっている。
 同保健所では、 「あなたの意思で救える命があります。 この機会に臓器提供について考え、 家族と話し合ってほしい」 と話している。 意思表示カードは同保健所でも配布している。

関連記事

フォトニュース

  1. 宝探しに親子ら200人

写真集

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る