高校サッカー和歌山大会 地元3校に期待

 第91回全国高校サッカー選手権和歌山大会が、きょう20日から那賀高校などで開幕する。昨年より1チーム多い32チームが参加し、全国出場切符(優勝)目指して熱戦を繰り広げる。地元勢はことしも日高、紀央館、南部が出場。昨年は3校とも初戦で敗退しており、いずれも1回戦突破へ気合十分。和歌山市や紀北勢の強豪の一角崩しへ期待が高まっているなか、地元3校の主将に意気込みを聞いた。
 地元勢は3校とも1回戦から登場する。 日高は那賀高校での第1試合 (午前9時15分~) で有田中央と対戦。 夏に県外遠征で培った体力と守備力に自信をつけており、 初戦突破へまっしぐらだ。 紀央館は、 粉河高校での第2試合 (午前11時~) で串本古座と激突。 相手は強豪だが、 多彩な攻撃に磨きをかけており、 勝機十分で見ごたえのある試合が期待されている。 南部は那賀高校での第4試合 (午後2時半~) で伊都と戦う。 総体の初戦と同じ相手で、 1―1からPK戦で惜敗したリベンジに燃えており、 楽しみな一戦となりそうだ。
 優勝候補は、 総体の覇者・近大和歌山や準優勝で昨年のチャンピオン初芝橋本が2大勢力となっている。 総体ベスト4の桐蔭と近大新宮、 上位常連の和歌山北と和歌山工など和歌山市内や紀北、 さらには紀南勢の前評判が高い。 地元校以外に地元選手がメンバー入りしているチームも多く、 注目が集まっている。 優勝チームは年末年始にかけて東京などで開かれる全国大会に出場する。
20121020サッカー紀央館主将.jpg
 紀央館・藤原辰郎主将 (3年) 序盤から積極的にどんどん攻めて何としても先取点を奪い、 流れに乗りたい。 大会に向けてチームは調子、 ムードとも上々。 初戦を突破して、 勢いをつけてベスト8を目指したい。
20121020サッカー日高主将.jpg
 日高・小竹諒主将 (2年) チームワークがよく、 いい雰囲気で臨める。 全員守備、 全員攻撃で1点を大事にしていきたい。 まず初戦に集中し、 1つずつ勝ち上がり、 3回戦で総体の覇者を破って8強入りが目標。
20121020サッカー南部主将.jpg
 南部・畑谷忠志主将 (2年) 3年生が多く残ってくれて、 1、 2年生も成長しチーム力が着実にアップしている。 初戦の伊都は総体1回戦と同じ相手で、 PK負けしているので、 絶対にリベンジしたい。

関連記事

フォトニュース

  1. ストライ~クッ!

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る