県が脱法ハーブ規制条例制定へ

 若者を中心に広がっている違法ドラッグの一種、「脱法ハーブ」について、県が購入者に対して「吸わない」という誓約書を提出させ、守らない場合は罰則を適用する全国初の条例を制定する。
 脱法ハーブは、麻薬に似た幻覚症状や興奮作用があり、成分構造の一部を変えるなどして薬事法の規制をすり抜け、お香やアロマグッズとして販売されている。都会ではこの脱法ハーブを吸引して車を運転、歩行者の列に突っ込む暴走事故が起こるなど、問題となっている。
 条例案では、脱法ハーブの疑いのある商品を県が「知事監視製品」として指定し、販売者は購入者への使用方法の説明の徹底、購入者には住所や氏名とともに「吸引しない」などの誓約書の提出を義務づける。違反した場合は双方に警告を出し、さらに違反を繰り返す場合は過料、罰金などの罰則が与えられる。
 県は来年4月ごろの施行に向け、12月議会に条例案を提出。仁坂吉伸知事は「健康と安心な暮らしを脅かす脱法ハーブの根絶を目指す」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 宝探しに親子ら200人

写真集

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る