日本の食文化遺産登録に期待

 味覚の秋を迎えた。 野菜や魚介類などがうまい。 特にいまの季節は旬を迎える食材が多く、 例えば海の幸ではサンマやサバなど、 山の幸ではナスやサツマイモなどがいまが食べごろだ。 その四季折々の旬の素材を最大限に生かしているのが日本料理だが、 その和の食文化を世界的な無形文化遺産に登録しようと、 日本政府はことし3月、 ユネスコに登録を提案した。
 栄養バランスの取れた食事構成、 食事と年中行事・人生儀礼との密接な結びつきなどといった特徴もある。 諸外国からも高い評価を受けており、 世界的にもブームになっている。 今後はユネスコで審議され、 早ければ来年の秋に登録されるかどうか決まるという。 料理の登録は珍しいことでなく、 すでにフランスの美食術、 地中海料理などが登録されている。 仮に日本の食文化が登録されるとなれば、 有形の建造物や自然などを対象にした世界遺産と並ぶ国際的な保護の枠組みとなる。
 しかし、 国内では若い世代を中心にご飯離れが進み、 パンを中心とした洋食へと傾きつつある。 その影響は、 県の特産の梅の消費が低迷している要因の1つにもなっている。 だが、 日本の食文化が文化遺産に登録されることになれば、 もちろん大きな脚光を集めて見直されることになるだろう。 梅の消費に対しても大きな波及効果が期待され、 仮にPRポスターに梅干しの写真が掲載されれば、 世界的なアピールにもつながるだろう。
 梅の旬は梅雨時期の6月だが、 日本食の文化が遺産登録の可否が決定されるのは1年後の秋。 梅産地にとって実り多い結果となることを期待したい。    (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. わんちゃん大好き

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る