みなべダブル選 町議は少数激戦へ

 任期満了に伴うみなべ町ダブル選挙は、きょう25日に告示される。議員選では定数14に対して15人の出馬が確実だが、新人1人がいまだに流動的な姿勢。選挙戦となるのは確定的だが、l人超過か2人超過になるかは告示当日まで分からない状況。町長選は、立候補を表明しているのは現職小谷芳正(63)だけで独走が濃厚だ。
 町議選の動きが表面化し始めたのは7月末ごろからで、現職の小川猛氏(66)、山中邦夫氏(71)、岡和雄氏(67)、宮﨑常二氏(73)、寺本文雄氏(59)の5人が相次いで今期限りの引退を表明。これに対して新人6人が次々に出馬を表明。このままだと1人オーバーの選挙選となるが、埴田の70歳代の男性が立候補について流動的な姿勢を見せている。告示前日の24日になっても、「周囲との兼ね合いなどで調整が付かないが、立候補したい気持ちはある」と言い、決断は告示当日まで遅れそうだ。このほか、晩稲区の関係者が地元候補者を擁立しようと進めていたが、24日までに「候補者が見つからなかった」と話しており、断念した模様。
 一方、首長選では現職の小谷氏が3月議会で「合併後の課題解決へ全力で取り組みたい」と続投を表明して以来、他に名乗りを上げる候補者はおらず、無投票当選が確実視されている。24日現在の有権者数は1万1254人(男5301人、女5953人)で、期日前投票は26日から29日まで行われる。町議選へ出馬が予想される15氏は次の皆さん。
 現職 竹本栄次(62)=徳蔵=、原田覚(38)=山内=、天野仁(62)=埴田=、下村勤(69)=高野=、田中昭彦(69)=北道=、中井重雄(66)=滝=、森坂義明(64)=東岩代=、北谷清治(59)=清川=、楠本誠二(62)=西本庄=
 新人 真造賢二(50)=東本庄=、中本光一(59)=東吉田=、池田真作人(53)=芝=、谷本吉弘(54)=埴田=、井口雅裕(58)=芝=、佐々木香徳(42)=東本庄=

関連記事

フォトニュース

  1. 道成寺のしだれ桜も見頃に

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る