仕事が早すぎるのも…

 ある男性の高校時代の同級生に、東大に現役合格、卒業後も難なく司法試験を突破したという秀才がいる。大学を卒業して20年がたったいま、その秀才君は法曹界でもキレ者として活躍していると思いきや、風の便りではどうもうだつが上がらないという話。温厚でのんびりした性格が司法の現場には合わないようで、社会に出てからはみんなの予想を裏切る結果になっているという。
 世の中、どんな職種、業種であっても、一般的に求められるのはまずスピード。いくらていねいでも、どれほどセンスがよくても、仕事が遅いというのは相手にも仲間にも大きなストレスで、「どんくさい」と書かれた下の方の引き出しに入れられてしまう。
 日本維新の会の代表を務める橋下徹大阪市長。北野高校時代の学業成績はいまひとつ、1年浪人して早大政経学部に入学した。司法修習生から弁護士になってからも、「仕事をコツコツとするタイプではなかった」というのが上司や仲間の一致した見方。いわゆるエリートからは外れた位置にいた。
 そんな橋下市長は国政の風雲児、最も熱く、人気のある政治家となった。ここにきて、その人気を「ポピュリズム」として眉をひそめる評論家も多いが、行財政革ではまずおのれが血を流し、市長と職員組合の互助会的なもたれ合いにメスを入れた。この決断と実行力が支持を集め、何よりも負けん気と改革の早さがリーダーとしての自分を支えているのだろう。
 ただ、大阪都や道州制を実現する前に国政に打って出たのは、スピードがあまりに速すぎる感も。振り返れば、有権者ははるか後ろ、見えなくなってはいないか。 (静)

関連記事

フォトニュース

  1. シャクナゲよりももち?

日高地方などのイベント情報

  1. みやまの里ふじまつり

    4月 13 - 5月 6
  2. mihamaこもれびマルシェ

    4月 21 @ 11:00 AM - 3:00 PM
  3. エビネ、春の文化展

    4月 27 - 4月 28
  4. 道成寺会式

    4月 27 @ 2:00 PM
  5. 御坊市民文化会館ティータイムコンサート

    4月 29 @ 2:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  いよいよ4月1日、「平成」に代わる新しい元号が発表されます。本書は元号・皇室研究の第一人者、京産大…
  2.  現代社会を鋭くも軽妙な筆致で描き出す人気作家、伊坂幸太郎の特に人気の高い快作を紹介します。「チルド…
  3.  以前にTBSで、吉岡秀隆、杏ら出演でドラマ化された、ハートフルミステリーシリーズの第1作をご紹…
  4. 現在放映中のあの有名アニメの映画脚本を手がけた直木賞作家が、自ら書き下ろした物語(小説)を紹介します…
  5.  NHKでドラマ化された塩田武士のデビュー作、以前本欄でも紹介した「盤上のアルファ」の続編が文庫化さ…
ページ上部へ戻る