森岡産廃で県が塩屋の会に回答

 市内森岡地区産業廃棄物最終処分場建設計画の中止を求める塩屋の会は先月23日、 県に対して計画への疑問点をぶつけたが、 そのとき保留していた県からの回答が同会に文書で届いた。
 その中で同会から 「計画に伴い整備が必要な防災調整池の水を既設のコルゲート管を活用して放流するとなっているが、 老朽化して使えないのではないか」 と質問があったことについては、 「管理者により適正に維持、 管理されていることから、 利用することは問題ないと判断できる」 と回答。 このほか、 処分場の表面水の不適切な流下、 王子川の流下能力、 盛土の上に防災調整池の整備などについても、 いずれも 「基準通り」 「適正な計画」 との答えだった。

関連記事

フォトニュース

  1. 野球も女子が熱い!

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る