逆の考え、立場で成功

 「公共工事を減らしてから、景気が悪くなった。だから逆に公共工事をどんどん増やせば景気がよくなる」。テレビの討論番組で、こんなことを言っていた人がいた。何十年も前の景気対策としては間違いではないと思うが、いまは21世紀のグローバル社会。単純に「公共工事で景気がよくなる」なんて理論は成り立たない。でも、物事を逆に考えてみる、反対の立場に立つというのは何においても必要なことだと思う。
 おもちゃなどの展示館で、自分のコレクションを並べていた。自分が見せたいものを展示すれば、同じ趣味の人が集まる。そう思っていたが、人は全然集まらなかった。これではまずいとなって、「お客さんが見たいものを見せる」に方針を変更したところ、閑古鳥がなく状況が一転。毎年黒字運営、年間40万人以上も訪れるようになり、いまでは私設ミュージアムとしては国内トップの人気という。これは群馬県に実在する施設の話。「自分が好きなものはお客さんも好き。お客さんも喜ぶ」との独善を捨て、逆の考え、立場に立てたことが成功につながったのだろう。
 政治家は有権者の身になって法律を作ったり税金の使い道を考えなければならない。会社また商売をしている人はお客さんが何が欲しいかを知る必要があり、売りたいものを売るという感覚では生き抜いていくのは難しい。いじめ問題ならば被害者の気持ちになれなければ解決には程遠く、会社をよくしようと思えばトップが働く人たちの立場になることも大切ではないだろうか。まず意識を変えなければ行動は変わらないし、結果も同じ。ちょっとした視点や立場の変化が成功の秘けつ、前出の事例が教えてくれる。    (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. でっかく育ってね

日高地方などのイベント情報

  1. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る