ジュニアバドミントン 平岡さんが全国へ

 全日本ジュニアバドミントン選手権大会(JOC)の県予選が16日、向陽高校で開かれ、日高付属中2年の平岡琉衣さん(13)がシングルスのジュニア新人の部で2位、同3年の岡愛美さん(15)が同じくシングルスのジュニアの部で3位に入る活躍をみせた。結果、平岡さんは来月14日から宮崎市で開幕する全国大会の出場権を獲得。「1つでも多く勝ちたい」と話している。
 今回の予選のジュニア新人の部 (中学2年生まで) には22人が出場し、 平岡さんは3試合目の準決勝で敗退 (1―2) したが、 3位決定戦と2位決定戦はいずれも2―0で勝利。 全国大会出場を決めた。 172㌢の長身から打ち込むスマッシュは角度があり、 得意のクロスで相手をほんろう。 全国大会は小学校6年生のとき以来で、 初めてのジュニアオリンピックカップ (JOC) に母親の恵美さん (38) は 「途中であきらめることなく、 最後まで粘って頑張ってほしい」 と声援。 平岡さんも 「出場することができてうれしい。 1回でも多く勝ちたいです」 と笑顔で話している。
 岡さんは、 中学3年生から高校2年生までのジュニアの部に出場。 1回戦は不戦勝で、 2回戦は2―1で勝ったものの、 3回戦は技術、 体力とも1枚上手の耐久高校の選手に善戦しながら、 0―2で敗れた。 今大会を振り返り、 「相手が高校生ばかりのなかで、 いつも以上にサイドをよく拾うことができ、 1回でも勝ててよかった。 来年は私も全国大会に出場したいです」 と話している。
 2人は美浜町の和田小学校時代からバドミントンを習い始め、 現在、 学校にクラブがないため、 地元の青葉ジュニアクラブで練習している。

関連記事

フォトニュース

  1. う~ん、けっこう汚れてますね

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る