ジュニアバドミントン 平岡さんが全国へ

 全日本ジュニアバドミントン選手権大会(JOC)の県予選が16日、向陽高校で開かれ、日高付属中2年の平岡琉衣さん(13)がシングルスのジュニア新人の部で2位、同3年の岡愛美さん(15)が同じくシングルスのジュニアの部で3位に入る活躍をみせた。結果、平岡さんは来月14日から宮崎市で開幕する全国大会の出場権を獲得。「1つでも多く勝ちたい」と話している。
 今回の予選のジュニア新人の部 (中学2年生まで) には22人が出場し、 平岡さんは3試合目の準決勝で敗退 (1―2) したが、 3位決定戦と2位決定戦はいずれも2―0で勝利。 全国大会出場を決めた。 172㌢の長身から打ち込むスマッシュは角度があり、 得意のクロスで相手をほんろう。 全国大会は小学校6年生のとき以来で、 初めてのジュニアオリンピックカップ (JOC) に母親の恵美さん (38) は 「途中であきらめることなく、 最後まで粘って頑張ってほしい」 と声援。 平岡さんも 「出場することができてうれしい。 1回でも多く勝ちたいです」 と笑顔で話している。
 岡さんは、 中学3年生から高校2年生までのジュニアの部に出場。 1回戦は不戦勝で、 2回戦は2―1で勝ったものの、 3回戦は技術、 体力とも1枚上手の耐久高校の選手に善戦しながら、 0―2で敗れた。 今大会を振り返り、 「相手が高校生ばかりのなかで、 いつも以上にサイドをよく拾うことができ、 1回でも勝ててよかった。 来年は私も全国大会に出場したいです」 と話している。
 2人は美浜町の和田小学校時代からバドミントンを習い始め、 現在、 学校にクラブがないため、 地元の青葉ジュニアクラブで練習している。

関連記事

フォトニュース

  1. かごいっぱいになあれ!

日高地方などのイベント情報

  1. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  2. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る