学校行事で靖国神社へ

 昭和20年の終戦からことしで67年を迎えた。 こんなに長い年月が経過しても、 政府関係者らは終戦記念日に英霊が祭られている靖国神社の参拝を控える傾向が強い。 ことしは閣僚として羽田雄一郎国土交通相と松原仁国家公安委員長兼拉致問題担当相が民主党政権発足後初めて参拝した。 国会議員では55人が訪れたが、 野田佳彦首相は閣僚に対して自粛を促したという。 A級戦犯も含めた戦没者が祭られているため、 総理大臣らが公式参拝すると中国や韓国からは批判が上がり、 国際的な問題にも発展しかねないというのが現状。 近隣国に配慮している形だ。
 靖国神社は政治の世界だけでなく、 学校行事としても閉ざされてきた歴史がある。 戦後、 アメリカの占領下だった昭和24年に出された文部事務次官通達では 「学校が主催して靖国神社及び主として戦没者を祭った神社を訪問してはならない」 と記載。 この通達はすでに失効となっているが、 現在もこうした流れが続いているようで、 修学旅行など学校行事として訪問した学校はおそらく少ないのではなかろうか。 実際に日高地方の学校をみてみても関東方面へ修学旅行で訪れている学校は多いが、 靖国神社に行ったという話は聞いたことがない。
 個人的な意見になるが、 修学旅行で靖国神社を見学コースから外す必要もないのではないかと考える。 学校行事で広島に行けば原爆ドーム、 沖縄に行けばひめゆりの塔は必ずと言っていいほど訪れる。 筆者は決して戦争を美化しているのではないが、 靖国も戦争の史実を知る1つでもあると考えるのだが。        (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. お外でヨーガ 気持ちいい~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る