印南の切目川 オオウナギ生息確認

 印南町羽六地内の切目川で13日朝、オオウナギが発見された。「捕獲大作戦」と題し、8日から捕獲を呼びかけていた「切目川オオウナギ捕獲プロジェクトチーム(中田稔代表)」のメンバーが捕まえ、紀伊水道側で最北の発見となった。
 見つかったオオウナギは体長42・5㌢。羽六地内の切目川の支流で捕獲され、県立自然博物館の学芸員が確認したところ、背びれの始まりが通常のウナギより頭部に近かったり、太さの割りに短いなどオオウナギの条件にほとんど当てはまった。作戦開始5日目の発見に中田代表は「こんなに早く見つかるとは思わなかった。紀伊水道最北の発見に加え、切目川の水がきれいなことも確認できた」と話し、「まだまだ作戦は継続させ、今後はさらに大きいサイズ、また羽六より上流での発見を目指したい」と意気込み、引き続き捕獲を呼びかけている。連絡先は事務局℡45―0834、携帯090―8574―1579まで。

関連記事

フォトニュース

  1. 宝探しに親子ら200人

写真集

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る