未来の甲子園球児に熱視線

 最近、学童野球大会の決勝を3回取材した。A級ではなく、B級とC級。学童野球は、中学高校の野球とは違って信じられないプレーが多く、B級やC級となればなおさら。ラグビーかと思うほどの大量スコアになることも。さまざまな選手がいて、みんな白球を追うのに一生懸命。試合の行方も興味あるが、そんなちびっ子球児の姿を見るのが楽しい。
 筆者も少年時代、美浜町のチームに所属。残念ながら筆者の時代はB・C級はなく、よほど上手か上級生が引退するまで試合に出られず、打撃も守備練習もほんの少し。来る日も来る日もボール拾いで、せいぜいティー打撃が思う存分にできるくらい。それはそれで野球もチームメートも好きなので楽しいのだが、とにかくたくさん打撃練習をしたかったし、試合にも出場したかった。当時、町内で4年生以下の大会があり、活躍した覚えがある。一度だけ4・5年生だけでチームを組んで郡規模の大会に出場し、強豪を相手に喰らいついた。どれもこれもいい思い出で、B・C級の大会があるいまの時代が本当にうらやましい。
 8日から阪神甲子園球場で第94回全国高校野球選手権大会が開幕する。県からは史上初となる8年連続で智弁和歌山が出場、地元からも2選手がベンチ入り。センバツ大会覇者の大阪代表、大阪桐蔭にも地元出身の選手がいる。連日、ロンドン五輪の話題で持ち切りだが、高校球児の白熱ゲームと地元選手のプレーにも注目。高校球児の憧れの舞台に立つ選手たちにも、持っているグラブがとても大きく見える、おぼこい時代があったはず。明日の甲子園球児が誕生することを期待しながら、これからもカメラ越しにちびっ子球児のプレーに熱視線を送りたい。   (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. シャクナゲよりももち?

日高地方などのイベント情報

  1. みやまの里ふじまつり

    4月 13 - 5月 6
  2. mihamaこもれびマルシェ

    4月 21 @ 11:00 AM - 3:00 PM
  3. エビネ、春の文化展

    4月 27 - 4月 28
  4. 道成寺会式

    4月 27 @ 2:00 PM
  5. 御坊市民文化会館ティータイムコンサート

    4月 29 @ 2:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  いよいよ4月1日、「平成」に代わる新しい元号が発表されます。本書は元号・皇室研究の第一人者、京産大…
  2.  現代社会を鋭くも軽妙な筆致で描き出す人気作家、伊坂幸太郎の特に人気の高い快作を紹介します。「チルド…
  3.  以前にTBSで、吉岡秀隆、杏ら出演でドラマ化された、ハートフルミステリーシリーズの第1作をご紹…
  4. 現在放映中のあの有名アニメの映画脚本を手がけた直木賞作家が、自ら書き下ろした物語(小説)を紹介します…
  5.  NHKでドラマ化された塩田武士のデビュー作、以前本欄でも紹介した「盤上のアルファ」の続編が文庫化さ…
ページ上部へ戻る