龍神村で恐竜の化石展

 田辺市の龍神行政局と龍神教育事務所は、 8月10日から20日までの11日間にわたり、 龍神市民センターで有田川町で発見された大型海生爬虫(はちゅう)類「モササウルス」 の化石を展示する。 初日には化石発掘に関わった県立自然博物館 (海南) の小原正顕学芸員を講師に迎えた講演もある。 「夏休み期間中なので、 親子で観賞して楽しんでほしい」 と多くの来場を呼びかけている。 無料。
 龍神村はことしの辰年 (龍年) にちなんでイベントを展開。 今回は恐竜 (龍) と同じ時代に生きていた動物であることや龍のような細長い体をしていることにちなんでモササウルスの化石展を行う。
 トカゲやヘビに近く水中生活に適応した爬虫類で、 鋭い歯をもち、 魚類を捕食していたと考えられる。 普通は体長は5~6㍍だが、 大きくなると10㍍を超えるといわれている。 白亜紀の後期 (約6550万年前) に恐竜やアンモナイトなど多くの生物とともに絶滅したとみられる。
 今回展示するのは平成18年2月に有田川町で見つかったモササウルスの後ろ足部分の化石。 大きさ約40㌢のブロック状の化石が2つ並ぶ。 初日に行われる小原さんの講演は 「モササウルスの発見や恐竜のいた時代のことについて」 をテーマに話す。 時間は午前10時から1時間程度で、 入場は無料。 申し込みも不要。 龍神教育事務所では 「夏休みや盆休みを利用してぜひ立ち寄って下さい」 と来場を呼びかけている。
 

関連記事

フォトニュース

  1. 春本番もすぐそこ

日高地方などのイベント情報

  1. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  2. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る