夏の高校野球和歌山大会 南部も3回戦へ

 第94回全国高校野球選手権和歌山大会6日目の18日は2回戦3試合が行われ、第2試合の南部は新翔に快勝。初戦突破を決めた。南部は11安打と打線が爆発し、先制、中押し、だめ押しと着実に加点。投げてはエース・畑木が7安打に抑え、完封した。3回戦は22日の第1試合(午前9時~)となり、8連覇を狙う智弁和歌山とぶつかる。
南部
021200001-6
000000000-0
新翔
 南部は2回1死から連続四球を選ぶと、酒田の左中間二塁打で2者を迎え入れた。3回は1死から松根が右翼線へ二塁打。2死後、畑木が三遊間を破り、松根が3点目の生還を果たした。攻撃の手を緩めない南部打線は4回、先頭・左巴が中前打。酒田のバントで得点圏へ走者を進めると、築山の内野安打で一、三塁と好機を広げ、坂本の三塁前へ転がる絶妙なスクイズ(内野安打)で4点目。なおも暴投で1点を追加した。5回から8回までは新翔2番手・藪本の前に無得点に終わったが、9回2死から松根、久保、畑木の3連打でとどめの1点を奪った。
 南部先発・畑木は速球と変化球を低めに集め、3回無死一、二塁では二ゴロ併殺でピンチの芽を摘んだ。6回から7回にかけては3者連続三振に切って取り、9回も無死から安打を許したものの遊ゴロ併殺と反撃の隙を与えなかった。バックも遊撃・松根を中心に軽快な守備を見せ、エースをもり立てた。

関連記事

フォトニュース

  1. あ、こんなとこにもいてる!

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る