大雨にケースバイケースの対応

 11日から日高地方でも梅雨末期の大雨。ときおりバケツをひっくり返したようなどしゃ降りとなったが、12日朝の日高川の様子をみても濁ってはいるもののそれほど増水はしていない。昨年9月の台風12号に伴う継続的な大雨がいかにすごかったかが思い返される。
 それにしても幾度となく、深夜にけたたましいサイレンとともに椿山ダムから放流があるとの町内放送があった。こういうことを言うとしかられるだろうが、はっきりいってやかましいし、眠れない。台風12号の被災者の不安があおられているような気もする。何かケースバイケースの対応ができないのだろうか。
 例えば日高川の水位がまだ低いときには、河原でキャンプや釣りをしている人もいるだろうから避難を呼びかけるためサイレンや放送は当然必要。しかし、昨晩のように大雨が降ってある程度水位が上がってしまえば河原に入るような命知らずの人もいないのではないだろうか。そんな中で、そんなに水位が上昇するわけでもない数百㌧を放流するたびにいちいち放送は必要なのか。よほど大量に放流したり、水位が一気に上昇または流域に被害の恐れがあるときに再びサイレンや放送をすればいいのではとも思う。
 とはいうものの放流のマニュアルに基づいてサイレンや放送をしている。もし、「放送がなかったから何か事故に遭った」なんてことになれば責任は重く、現実的には機械的な対応をせざるを得ない。しかし、台風12号や東日本大震災でも分かるように、ケースバイケースの対応も必要なのは間違いない。一番いいのはこのケースバイケースをも想定の中に入れることではあるが…。 (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. お外でヨーガ 気持ちいい~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る