県が災害医療コーディネーター配置へ

 大規模災害時の県内の医療体制強化を図るため、 県は県庁と各保健所単位に災害拠点病院、 各医療関係団体で構成する組織を構築。 併せて救急医療の専門医師を災害医療コーディネーターとし、 各組織に配置する。
 県内の災害時医療体制組織は県本部と和歌山 (和歌山市)、 和歌山 (海南)、 那賀、 橋本、有田、 御坊、 田辺、新宮の9地区に分かれ、 県本部と田辺地区には3人、 その他の地区には2人ずつのコーディネーターを配置。 御坊地区は国保日高総合病院の山口和哉外科診療部長、 沖田竜二脳神経外科部長がコーディネーターとなる。
 県は7日午後3時から県庁南別館で関係者の研修会を開き、 全体で20人のコーディネーターに委嘱状を交付。 兵庫県災害医療センターの中山伸一センター長の講演を聴き、 各医療圏ごとのグループ討議も行う。

関連記事

フォトニュース

  1. わんちゃん大好き

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る