清川と高城中学校、平成26年統合へ

 みなべ町教育委員会の定例会が26日に開かれ、生徒数が減少している清川中と高城中を統合する方針を固めた。26年4月からの新しい統合校開校を目指して取り組んでいく。
 教育委員会では、清川中の保護者らから「高城中との統合を進めたい」との声を受け、今月22日には高城地区住民を対象に統合を考える会合を開催。ここでも「清川中との統合に取り組んでいくべき」との意見が大半を占めていた。これらを踏まえて定例会では委員5人が1人ずつ考えを述べたが、「地域の意見に沿う方向で進めていくのがわれわれの務め」と全員が同じ意見。統合へ向けて進めていくことを確認した。
 秋ごろには保護者や地域住民で検討委員会を立ち上げ、新中学校の場所や校名、校歌、制服などについて話し合っていく。石橋勝教育長は「現在の生徒数は清川24人、高城47人で、今後はさらに減少していくことが予想され、地域の要望に応えていくためにも統合という方向性を出した。地域の声を聞きながら、よりよい学校づくりに努めていきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. これはこうやって飛ばすんよ

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る