日本民謡 今井、藤原さん名取に

 日高川町小熊、日本民謡梅若流朝秋会(梅若朝秋大師範)の日高きよひめ支部(梅若朝秋世師範=本名・林昭世)の門下生2人が、名取を取得した。
 名取となったのは印南町印南の今井律子さんと美浜町吉原の藤原しのぶさん。今井さんは梅若秋世律(あきせいりつ)、藤原さんは梅若秋世祇乃(あきせいしの)の名を授かった。2人は平成20年に入会。毎月3回、朝秋世師範の指導のもと、熱心に稽古に励んでおり、成果が認められた。2人は名取取得に笑顔いっぱいで「皆さんに日本民謡に興味を持っていただくようにして、日本の伝統文化を受け継いでいきたい。これからも師範を目指して頑張ります」と話している。
 朝秋世師範は「紀中、紀南の方にも広めていってほしい」と、2人の弟子のさらなる飛躍に期待を寄せている。

関連記事

フォトニュース

  1. 道成寺のしだれ桜も見頃に

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る