日本民謡 今井、藤原さん名取に

 日高川町小熊、日本民謡梅若流朝秋会(梅若朝秋大師範)の日高きよひめ支部(梅若朝秋世師範=本名・林昭世)の門下生2人が、名取を取得した。
 名取となったのは印南町印南の今井律子さんと美浜町吉原の藤原しのぶさん。今井さんは梅若秋世律(あきせいりつ)、藤原さんは梅若秋世祇乃(あきせいしの)の名を授かった。2人は平成20年に入会。毎月3回、朝秋世師範の指導のもと、熱心に稽古に励んでおり、成果が認められた。2人は名取取得に笑顔いっぱいで「皆さんに日本民謡に興味を持っていただくようにして、日本の伝統文化を受け継いでいきたい。これからも師範を目指して頑張ります」と話している。
 朝秋世師範は「紀中、紀南の方にも広めていってほしい」と、2人の弟子のさらなる飛躍に期待を寄せている。

関連記事

フォトニュース

  1. 宇宙まで飛んでいけ~

日高地方などのイベント情報

  1. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る