千里の浜のウミガメの卵流出

 去る19日に紀伊半島南部に上陸した台風4号の影響で、 みなべ町山内の千里の浜に産みつけられていた絶滅危惧種指定のアカウミガメの卵の大半が台風の高波で流出する被害があった。 台風前には少なくとも40~50カ所に産卵されていたとみられている。 町ウミガメ研究班の後藤清代表は、 「ことしの産卵回数は昨年を上回るペースだったが、 台風にやられたのは残念」 と話している。
 台風の接近に伴い、 千里の浜には高波が打ち寄せた。 ウミガメは波打ち際から遠い内陸の浜に上がって卵を産み落とすが、 砂浜の大部分に波が押し寄せ、 大半の卵が流されるなどした。 今月9日から同海岸でボランティアで調査活動を行っている日本ウミガメ協議会のメンバーによると、 「台風で砂が堆積して以前より3㍍ほど高くなっている部分もあれば、 逆に砂が削られ3㍍ほど低くなっている場所もある。 通常、 ウミガメは50㌢程度砂を掘って産卵するが、 低くなった場所では卵ごと流されたとみられる。 砂が堆積した場所でも、 無事ふ化するのは難しいのではないか」 と話している。
 産卵した場所には探知機を埋め込み、 ひもでつないだ札を地面に出して目印にしていたが、 波でどこに行ってしまったのかも分からない状態。 卵は壊滅的な被害を受けたとみられる。 千里の浜は本州有数のアカウミガメの産卵地で、 昨年は152回の産卵があった。 ことしは5月12日に初上陸と初産卵を確認。 昨年を上回るペースで産卵が続いていた。

関連記事

フォトニュース

  1. かごいっぱいになあれ!

日高地方などのイベント情報

  1. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  2. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る