千里の浜のウミガメの卵流出

 去る19日に紀伊半島南部に上陸した台風4号の影響で、 みなべ町山内の千里の浜に産みつけられていた絶滅危惧種指定のアカウミガメの卵の大半が台風の高波で流出する被害があった。 台風前には少なくとも40~50カ所に産卵されていたとみられている。 町ウミガメ研究班の後藤清代表は、 「ことしの産卵回数は昨年を上回るペースだったが、 台風にやられたのは残念」 と話している。
 台風の接近に伴い、 千里の浜には高波が打ち寄せた。 ウミガメは波打ち際から遠い内陸の浜に上がって卵を産み落とすが、 砂浜の大部分に波が押し寄せ、 大半の卵が流されるなどした。 今月9日から同海岸でボランティアで調査活動を行っている日本ウミガメ協議会のメンバーによると、 「台風で砂が堆積して以前より3㍍ほど高くなっている部分もあれば、 逆に砂が削られ3㍍ほど低くなっている場所もある。 通常、 ウミガメは50㌢程度砂を掘って産卵するが、 低くなった場所では卵ごと流されたとみられる。 砂が堆積した場所でも、 無事ふ化するのは難しいのではないか」 と話している。
 産卵した場所には探知機を埋め込み、 ひもでつないだ札を地面に出して目印にしていたが、 波でどこに行ってしまったのかも分からない状態。 卵は壊滅的な被害を受けたとみられる。 千里の浜は本州有数のアカウミガメの産卵地で、 昨年は152回の産卵があった。 ことしは5月12日に初上陸と初産卵を確認。 昨年を上回るペースで産卵が続いていた。

関連記事

フォトニュース

  1. 桜はまだ少し早いけど

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る