薬乱防止日高協 脱法ハーブ汚染阻止へ

 保護司や更生保護女性連盟、 薬剤師らでつくる県薬物乱用防止指導員日高地区協議会 (天野孝二会長) は20日、 御坊保健所別館で総会を開き、 若者や子どもへの感染拡大防止に重点を置くことを確認した。
 天野会長はあいさつの中で、 最近は都会で脱法ハーブが社会問題となっていることに触れ、 「頭痛や吐き気で病院に搬送されるケースが増えたり、 交通事故を起こすなど問題が広がっている。 管内ではまだ報告はないが、 いつ入ってくるか分からない。 とくに子どもや若者が手を染めないよう啓発を強化していこう」 と一致団結を求めた。 本年度事業計画では、 この日からスタートした 「ダメ。 ゼッタイ。」 運動や、 麻薬・覚せい剤乱用防止運動 (10・11月) に合わせて街頭啓発を実施するほか、 中高生に対する乱用防止教室を積極的に開いていくことを決めた。

関連記事

フォトニュース

  1. かごいっぱいになあれ!

日高地方などのイベント情報

  1. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  2. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る