普段も「聴く」を大事に

 記事を書くうえで、 同じ読み、同じような意味の熟語に使い分けがある。 例え ば「かんしょう」。「観賞」 は「見て楽しむ」 の意味で映画、 自然、花、風景などと一緒に用いられる。「鑑賞」は「芸術作品などを味わい理解する」で、絵画や能楽。「観照」は「客観的に見つめ本質を思索する」とあり、自然、人生などの言葉とセットになることが多い。このような使い分けは記事を書く時に参考にする「記者ハンドブック」 に記載されており、「きく」などもそれ。「聞く」 と 「聴く」は、きく態度によって使い分けるようにとされている。簡単にいえば 「聞く」 は一般的に広く使われ、「聴く」 は注意深く耳を傾ける意がある。
 「聞」と「聴」。同じように「耳」という字が使われているが、「聴」にはさらに大事なものがある。つくりを見てみると、「十(プラス)」、「目」、それに「心」。すなわち記憶に残し、相手が話したことを自分のものにするためには耳を傾けるだけでなく、相手をよく見て、さらに心(気持ち)も入り込まなければならない。先日の由良中防災教育。講師の海上自衛隊員は「(大地震が発生しても)この中学校で1人の犠牲者も出したくない」との強い思いで、本題について話される前にこの「きく」の意味を紹介し、生徒に「聴いてほしい」と訴えていた。
 「聴く」は、コミュニケーションに一番重要な行為だと思う。 親子同士はもちろんのこと、友人同士、 上司と部下、 同僚同士。 それに政治家にもその態度は忘れてもらいたくはない。 ちょっとした行き違い、すれ違いで大きな事件にまで発展するご時世。 仕事ではいうまでもないが、普段ももっと聴くを大事にしていきたい。
       (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 使い方はどうぞご自由に

日高地方などのイベント情報

  1. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  2. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る