南高梅の出荷ピーク

 みなべいなみ農協管内では、 梅の収穫がピークを迎えた。 主力商品、 南高梅の出荷量はこれまでの累計で約1670㌧。 目標の2500㌧に対して67%となった。 心配された台風4号の目立った被害もなく、 同農協では 「強風で果実の落下被害があると今後の出荷量が低調になっていたが、 今回は大きな影響はなかったようだ」 と胸をなで下ろし、 「後半に期待したい」 と話している。
 南高梅の出荷は今月初めから始まり、 最盛期の今はみなべ町気佐藤の統合選果場にも箱詰めされた梅が連日運び込まれている。 多い日では一日170㌧の出荷になるという。 ことしは生産量自体が少ないため昨年比6割程度だが、 価格については前年同期と比べると3L秀で6000円台前半となっており、 昨年より1箱 (10㌔入り) につき1500円程度高いという。
 心配されていた台風4号については山内地内海岸部の千里で午前11時27分に瞬間風速で毎秒20・3㍍を記録したが、 それ以外は20㍍を超えることはなく、 農家らも 「木が揺すられて果実を傷つけたり落下させたりする被害は軽微だったようだ」 と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. たくさんのご応募ありがとうございます

日高地方などのイベント情報

  1. 第6回清川里山まつり

    2月 24 @ 10:00 AM
  2. 第13回白浜エアポートクリテリウム

    3月 17 @ 12:00 AM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る