高校総体陸上 小山、土井君が全国へ

 全国高校総合体育大会、秩父宮賜杯第65回全国高校陸上競技対校選手権大会近畿地区予選会が14日から17日までの4日間、滋賀県の皇子山運動公園陸上競技場で開かれた。地元勢では、男子3000㍍SC(障害)で小山祐平君(日高3年)が6位、同ハンマー投げで土井潔君(中津中出身、和歌山工3年)が5位と大活躍を見せ、そろって夏のインターハイ(7月29日~、新潟県)出場を決めた。
 小山君は9分20秒で予選を4位通過。15人で争われた決勝はスタートから互いにけん制し合うなか、5周目の2000㍍までは10人の集団に入り、徐々にペースが上がってきた後半も脱落することなくインターハイ切符獲得となる上位6人の集団へ残ってゴールした。7位との差は2秒で、9分7秒62のタイムは自己ベスト。「入賞できてめっちゃうれしい。泣きそうになりました。レースは入りが遅かったので後半が勝負だと思っていた。ラスト2周は絶対にインターハイに行くという思いで走りました」と会心の笑顔を見せ、インターハイへは「いま調子がいいので、予選を通過して8位入賞を目指したい」と力強く抱負を語った。
 土井君は2投目に57㍍82をマークし、5位入賞を決めた。近畿大会では60㍍以上、3位以内を目標にしていただけに、「緊張して自分の投げができなかった」と結果にはまだまだ満足していない様子。自己ベスト59㍍08、県高校記録の保持者でもあり、「インターハイでは今度こそ(全国入賞圏内の)60㍍以上を投げたい。一投目から集中して、力まず投げられるように練習を重ね、近畿の悔しさを晴らしたい」と巻き返しを誓った。
 男子8種、女子7種競技と男女競歩は4位以上、その他の各種目は6位以上がインターハイに出場できる。地元勢ではインターハイ出場はならなかったが、男子5000㍍で畑中大輝君(日高3年)が8位入賞と健闘した。
陸上.jpg
陸上土井.jpg

関連記事

フォトニュース

  1. これをこうやってから、これをこうやって…

写真集

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る