田植えの時期に農業用水が不足

 田植えシーズンを迎え、降水量が少ないことから日高地方では農業用水が不足しており、日高川・日高町・美浜町の3土地改良区では各農家に対し、節水と用水路の堰(せき)を開放するよう呼びかけている。
 5月の中旬以降、まとまった雨が少なく、日高川町初湯川の椿山ダムでは貯水位が低下。9日午前8時半現在で貯水位は184・11㍍で最低水位の184㍍まで迫っている状況。今月6日までは発電に伴い毎秒6㌧を放流していたが、7日以降は、流入量毎秒2~3㌧に対して約5・5㌧の放流で、日高地方の下流域を中心に田植え用の荒引(あらびき)水や養い水を取水しにくい状況になっている。8日の雨で前日より貯水位が2㌢アップしたため、少し余裕はできたものの、このまま雨がなければダムの放流は流入量分だけとなるのは時間の問題で、日高地方の農家では田植え時期にほとんど取水できない状況となる。
 この危機的状況に3土地改良区では8日に緊急渇水対策委員会を立ち上げ、各農家に節水と堰開放の協力を求めることを決めた。

関連記事

フォトニュース

  1. 道成寺のしだれ桜も見頃に

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る