県が6月議会に17議案提出へ

 仁坂吉伸知事は12日開会の議会6月定例会に、 約13億5400万円追加の平成24年度一般会計補正予算、 津波避難路沿いの建築物等の制限に関する条例制定など17件の議案を提出する。
 補正予算の主な事業は、 再生可能エネルギー等を導入することで 「災害に強く環境負荷の小さい地域づくり」 を推進する県地域グリーンニューディール基金の造成に10億300万円、 大規模災害に備えて学校の防災体制や地域との連携を強化するための実践的な避難訓練を行う実践的学校防災訓練支援に458万3000円など。
 津波からの円滑な避難に係る避難路沿いの建築物等の制限に関する条例は、 避難路沿いの建物の所有者らに耐震改修等の努力義務を設け、 とくに重要な避難路沿いで倒壊の危険性があり、 倒壊すれば避難の支障となる建物については、 耐震改修を所有者らに勧告、 命令できるようにする。

関連記事

フォトニュース

  1. 宇宙まで飛んでいけ~

日高地方などのイベント情報

  1. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る