現実から逃げず歩き続けて

 集団登校児童の列に突っ込み、10人が死傷した亀岡の事故。運転していた少年は無免許で、居眠りが原因だったという。仕事で徹夜明けだったわけでもなく、知人の車で仲間と朝まで遊んで回っていたあげくの惨事。「取り返しがつかない」とはこのことで、さだまさしの『償い』という歌を思い出した人も多いのではないか。
 石田衣良の『明日のマーチ』という小説もよく似た話。派遣切りにあった若者4人が山形から東京まで歩いて旅をする。頼れるアウトドアの達人、修吾は寡黙で自分を語らないが、4人が派遣切り社会に対する抗議行動の象徴として注目を集めるなか、旅の途中で素顔が見えはじめる。取り返しのつかない彼の過去、自分が犯した罪に向き合い、歩き続ける「償いの旅」が心を打つ。
 「だれでもよかった」「とにかく人を殺したかった」という無差別殺傷事件など、なんの落ち度もない人が理由もなく被害に遭う世の中。こうした犯罪被害者の実態はあまりに悲惨で、一生治らぬ重い後遺症に苦しみながら、損害賠償を求めて勝訴したとしても、実際に判決通り支払われるケースはほとんどないという。なぜか。多くの犯罪者とその家族は、刑をつとめて出所すれば、償いは済んだと考えるからである。 
 亀岡の事故を起こした少年たちの罪は、償いきれるものではないかもしれない。しかし、現実から逃げず、自分と被害者に向き合い、できる限りの誠意を示し続けねばならない。刑を何十年つとめても、遺族の悲しみと怒りは1㍉も小さくならない。人を絶望から救うのは人の気持ちしかない。先が見えない、暗闇の中の「明日のマーチ」を歩き続けてくれると信じたい。 (静)

関連記事

フォトニュース

  1. う~ん、けっこう汚れてますね

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る