古豪復活告げる4強

 春季近畿地区高校野球大会県予選で、 紀央館が見事ベスト4入り。延長11回までもつれ込んだ準々決勝をカメラ越しに観戦し、 好勝負に手に汗握った。
 前半と後半でこれほど対照的な試合も珍しい。 だから野球は面白い。 準々決勝は、 そんな展開だった。 6回までは完全に耐久のペース。 3回に3長短打を集められて3失点、 さらに5回にも3単打で1点を加えられた。 相手投手は速球の切れがよく、 打線は4回1死満塁の好機も併殺で逸す。 ワンサイドゲームにもなりかねない雰囲気だったが、 そこから巻き返した。 7回に長打1本で1点反撃、 8回には2四球からクリーンアップの連続長短打で一気に追いついた。 試合の流れを完全に引き寄せると、 延長11回に4長短打の猛攻で一挙5得点し、 9―5で勝利した。
 紀央館は3回戦も1イニングで11得点するなど打線が充実。 この日も上位から下位まで鋭いスイングで、 つながりがあった。 一方、 守備ではエース左腕が序盤こそ打ち込まれたものの尻上がりに調子を上げ、 6回以降はまるで別人の投球。明らかに直球の球威が増し、 8回2死まで0だった三振をそれ以降の3回3分の1で5つ奪うなどし、 打線の爆発を呼び込んだ。
 近年、地元勢は甲子園から遠ざかっているが、センバツ出場3回 (旧御坊商工) の古豪が復活を告げる活躍を見せてくれたのはうれしい限りだ。 春季県予選の準決勝では智弁和歌山と対戦することになっており、この一戦が夏の和歌山大会に向けて試金石になるだろう。 甲子園上位常連校と好勝負ができれば大きな弾みがつくはず。すでに夏のシード権は獲得しているが、ぜひ勝って勢いを増してもらいたい。   (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. めっちゃ甘そ~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る