古豪復活告げる4強

 春季近畿地区高校野球大会県予選で、 紀央館が見事ベスト4入り。延長11回までもつれ込んだ準々決勝をカメラ越しに観戦し、 好勝負に手に汗握った。
 前半と後半でこれほど対照的な試合も珍しい。 だから野球は面白い。 準々決勝は、 そんな展開だった。 6回までは完全に耐久のペース。 3回に3長短打を集められて3失点、 さらに5回にも3単打で1点を加えられた。 相手投手は速球の切れがよく、 打線は4回1死満塁の好機も併殺で逸す。 ワンサイドゲームにもなりかねない雰囲気だったが、 そこから巻き返した。 7回に長打1本で1点反撃、 8回には2四球からクリーンアップの連続長短打で一気に追いついた。 試合の流れを完全に引き寄せると、 延長11回に4長短打の猛攻で一挙5得点し、 9―5で勝利した。
 紀央館は3回戦も1イニングで11得点するなど打線が充実。 この日も上位から下位まで鋭いスイングで、 つながりがあった。 一方、 守備ではエース左腕が序盤こそ打ち込まれたものの尻上がりに調子を上げ、 6回以降はまるで別人の投球。明らかに直球の球威が増し、 8回2死まで0だった三振をそれ以降の3回3分の1で5つ奪うなどし、 打線の爆発を呼び込んだ。
 近年、地元勢は甲子園から遠ざかっているが、センバツ出場3回 (旧御坊商工) の古豪が復活を告げる活躍を見せてくれたのはうれしい限りだ。 春季県予選の準決勝では智弁和歌山と対戦することになっており、この一戦が夏の和歌山大会に向けて試金石になるだろう。 甲子園上位常連校と好勝負ができれば大きな弾みがつくはず。すでに夏のシード権は獲得しているが、ぜひ勝って勢いを増してもらいたい。   (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 道成寺のしだれ桜も見頃に

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る