御坊RCが福島の安珍堂復旧を支援

 御坊ロータリークラブ (岡本恒男会長) のメンバー10人は福島県白河市を訪問し、 昨年の東日本大震災で被災した安珍・清姫伝説の安珍像を祭っている安珍堂の建設協力金として、安珍堂災害復旧建設委員会(十文字忠一委員長)に100万円を寄付した。
 御坊ロータリーは安珍・清姫伝説が縁で、 昭和50年4月から白河ロータリークラブと姉妹クラブになっており、 14日は白河ロータリーの例会の席上で岡本会長が同委員会の十文字委員長に手渡した。安珍堂は震災で一部倒壊。近く復旧工事が始まる見通しで、 完成は来年3月を予定している。
 今回の訪問に合わせて両クラブは姉妹提携の更新を行うとともに、 白河ロータリークラブが昨年の台風12号で被害を受けた日高川町への義援金10万円を預託。 御坊ロータリーは19日に日高川町役場を訪れ、 玉置俊久町長に手渡した。

関連記事

フォトニュース

  1. 春本番もすぐそこ

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町おはなしの会

    3月 19 @ 10:00 AM
  2. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  3. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る