JAしし肉カレーもうすぐ2万食

 JA紀州中央 (芝光洋組合長) が鳥獣害対策の一環で昨年7月から販売しているレトルトカレー 「あんばいできました紀州カレーしし肉入り」 は、 年間販売目標の2万食を間もなく達成する見通しで、 好調な売れ行きとなっている。
 すでに2万食を製造しており、 現在はさらに5000食を追加発注している。 各店に在庫として残っている分があるため、 販売は2万食を突破していないが、 同JAでは 「5月中にも達成できるだろう」 と表情は明るい。 5食1セットの贈答用のほか、 キャンプ客の購入が目立っているという。 これから行楽シーズンとなることから、 さらに需要が伸びると期待している。
 Aコープかわべ店では子どもの日の5月5日にカレーキャンペーンを開催。 午前9時からカレーを購入した先着30人に 「きちゅうくんのミニ人形」 をプレゼントする。 カレーとは別に子どもには先着100人までお菓子も配布する。 同JAでは 「これから夏場はカレーの消費も増えるので、 一層PRしていきたい」 と話している。
 しし肉入りカレーは有田市の有田食品㈱と共同で開発。 日高川町のジビエ工房紀州で解体処理されたイノシシ肉に、 ミニトマトの果汁やウスイエンドウなど地元特産物を加え、 昨年7月23日から県内約40カ所で発売されている。

関連記事

フォトニュース

  1. 道成寺のしだれ桜も見頃に

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る