純粋に感謝と尊敬を

 陸上自衛隊和歌山駐屯地が創立50周年を迎え、28日、記念行事が行われる。隊員は国土防衛のための訓練をはじめ、国連平和維持活動や難民救援、国際緊急援助隊として海外に派遣されており、国内では被災地の救助・復旧支援、部外土木工事などに貢献。美浜町では毎年夏に盆踊りで地元住民と交流、スポーツ大会にも積極的に参加している。
 和歌山駐屯地の記念行事では、駐屯地内の記念式典のほか、災害救援をイメージした装備車両の観閲行進も行われる。これに一部住民が反対の声を上げ、28日には抗議の集会を開く。「本来戦争を行うための車両を一般市民の前に誇示するパレードは平和憲法の理念に反する」「煙樹ケ浜での水際地雷敷設訓練実施への地ならしだ」という。
 国民による選挙が行われず、言論の自由もない国が日本にミサイルを向け、それがいつ飛んでくるかもしれない状況のなかで、自衛のための戦力(自衛隊)を放棄することが平和につながるのか。自衛隊が訓練を重ね、防衛力を高めることが抑止力となって、戦争が起きないのが現憲法下でベストな状態ではないのか。
 核を持ち、少数民族を殺りくし、自国民を飢え死にさせ、他国の領土とエネルギー資源を奪う周辺の「平和を愛する諸国民」の公正と信義に信頼するのもどうかと思うが、日本人は自国の防衛と国内外の被災民、難民のために命がけで活躍する自衛隊員に対し、もっと純粋な感謝と尊敬がなければならない。
 自衛隊にも、煙樹ケ浜の地雷訓練に反対する人たちにも、そして圧倒的な物言わぬ多数派の人たちにも、いつか来た道を再び歩み、他国を侵略すべきだと考える人はいない。反戦、平和を願う気持ちは同じである。   (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 春本番もすぐそこ

日高地方などのイベント情報

  1. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  2. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る