日高川町が災害復興計画を策定

 昨年9月の台風12号で大きな被害を受けた日高川町は17日、 災害復興計画を策定した。 計画では被災者支援や道路・橋梁の復旧、 生活産業基盤の復興など多岐にわたる復興課題を整理し、 各課題の完了予定時期を設定。 道路は本年度、 橋は25年度中の完成を予定している。町民に取り組みの進捗 (しんちょく) 状況を定期的に周知することも狙いで、 町では今回の教訓をもとに計画を遂行し、 災害に強いまちづくりを図る。
 計画は平成23年度完了の短期、 24年度の中期、 25年度の長期の3クールの対策期間を設け、 各課題について 「産業の復興」 「農林業者支援」 「農地に流出した土砂撤去事業」 といったように大項目、 中項目、 小項目に分類。 さらに小項目ごとに被害状況や復興計画、 防災対策、 完了予定時期など事細かに記している。
 計画によると、 昨年度末完了予定の短期対策は大4項目、 中8項目、 小22項目で、 美山保育所の復興を除いていずれも完了。 中期対策は大5項目、 中が観光施設の復興、 防災対策の強化など7項目、 小が19項目。 観光施設の復興では中津温泉泉源がことし6月、 美山療養温泉館が7月完了予定などと明記。 防災対策の強化は地域防災計画の改定、 防災マップの作成など。 長期対策は大、 中とも住民生活の復興、 公共施設の復興、 産業の復興の3項目、 小が8項目。 このうち公共施設の復興は道路・河川等、 中津若者広場、 西鶴記念館の復旧など小項目5つで、 道路・河川等の復旧は道路97、 橋梁7、 河川162、 砂防12カ所。 入野地区、 三十木周辺、 皆瀬周辺の3カ所の護岸工事や皆瀬橋、 丸山橋の改良復旧工事などの内容も分かりやすく記している。 道路は24年度内、 橋梁は25年度内の完成予定。 中津若者広場など4項目は26年度内の完了を目指している。
 計画書が必要な人は日高川町役場まちみらい課℡22―2041へ連絡すればよい。

関連記事

フォトニュース

  1. 野球も女子が熱い!

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る