復興マラソンをやろう

 ことしも大阪マラソンのエントリーが始まっており、初日だけで定員の3万人をオーバーした。マラソン愛好家が増えていることだけでなく、大都会の中心を走れる機会はこのときしかない、人気があるのも当然だろう。もう一つ、目的別にチャリティー金を寄付するシステムもいい。がん撲滅や障害者のスポーツ支援などのテーマから、自分が協力したい分野に寄付できる。ランナーにとっては、単に走ることを楽しむだけでなく、少しでも社会貢献できているという充実感を味わえるのではないだろうか。チャリティーを考えるいい機会でもある。
 先日、日高川町美山地区で、ヤッホー桜マラソンが開催され、筆者も参加させてもらった。最長で10㌔と、大阪マラソンとは規模は違うが、地元の有志が手作りで運営する大会は庶民的で、アットホームな雰囲気が親しみやすい。初めてだったが、参加しやすい大会という印象だ。コースも非常にフラットで、走りやすい。ぜひ来年も参加しようと思う。
 美山地区では以前、紀の国美山マラソン大会が開催されていた。フルマラソンもあったが、平成20年を最後に休止されている。昨年の台風12号で被害を受け、復興へ向けて前進しているこのまちを応援するためにも、復興マラソンとして復活させられないものだろうか。被害が大きかった中津から美山地区にかけてコース設定してもいい。参加者には復興へのチャリティー金を寄付してもらう。参加者にジビエ料理を振る舞ったり、町内の温泉入浴券や産品所での買い物券などをプレゼントして、魅力を知ってもらうのもいい。交通規制等難しい問題もあるが、元気なまちをアピールするためにも検討してほしい。      (片)

関連記事

フォトニュース

  1. めっちゃ甘そ~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る