学童野球春季大会日高予選 上南部が初優勝

 県軟式野球連盟学童部日高支部の第35回春季大会兼高円宮賜杯第32回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント日高支部予選は15日、御坊小学校グラウンドで準決勝、決勝が行われ、上南部が逆転で初優勝を飾った。準優勝は川辺西ビクトリーズ。両チームは5月19・20の2日間、新宮市で開かれる県大会に日高支部代表として出場する。
 ▽決勝
 上南部
  0000302―5
  4000000―4
 川辺西 

20120417野球優勝上南部.jpg
優勝の上南部のメンバー
20120417準優勝川辺西.jpg
準優勝の川辺西ビクトリーズのメンバー
 上南部は4点を追う5回、四球と2つの敵失で労せず2点を返すと、なおも2死三塁の好機に主砲の西山佳が中前へ弾き返し、この回3得点。1点差に詰め寄り流れを呼び込むと、最終7回、先頭打者の1番谷口が内野安打で出塁。2番栗原の三塁ゴロが、二塁への悪送球となり、谷口、栗原が一気に生還して逆転に成功した。先発松下は初回に失策もあって4点献上したが、2回から4回まで三者凡退。5回には満塁のピンチも二飛に打ち取り、最終回も3人で締めた。川辺西は初回、四球と敵失、スクイズをからめ、1安打で4得点し試合を優位に進めたが、追加点が奪えず、一歩届かなかった。
 上南部の宮本篤磨監督は「初回に4失点したが、選手が気持ちを切り替え、しっかり守ってリズムをつくれた。まさにチーム一丸の勝利」と満面の笑みで「県大会ではまずは1回戦突破を目標に頑張りたい」と闘志。川辺西の芝章監督は「4年生もメンバー入りしている中で、よくここまで頑張ってくれた。日高代表として県大会では粘りのある試合をしたい」と張り切っていた。
 準決勝の結果は上南部4―1湯川、川辺西8―2御坊(特別延長)。

関連記事

フォトニュース

  1. 道成寺のしだれ桜も見頃に

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る