御坊市長選 現職柏木氏が事務所開き

 5月20日告示、 27日投開票の市長選で現職柏木征夫氏(71)=5期=の後援会事務所開きが14日に薗の伊勢屋前で行われ、支持者ら800人(主催者発表)が集まった。 柏木氏は自身が掲げる5つの公約を説明し、「安心、安全のまち作りを進め、 安定してきた行財政運営の堅持に全力を尽くしたい」 などと、 16年ぶりの選挙戦に意欲をみせた。
 柏木氏は 「大規模地震など予測できない事態が発生する。 安心、 安全のまちをつくるため、 何ができるのか、 いろいろな情報に絶えず目を光らせたい。 また、 人口減少、 厳しい財政状況の中にあっても、 皆さんの負担をできるだけ少なくすることが大切。 これまでも人件費抑制などで26億円の経費節減につなげ、 ここ4年間財政調整基金を取り崩すことなく予算編成できている。 ここにきて安定した財政基盤が整いつつあるという証で、 この行財政運営を堅持しなければならない」 と力強く決意を示した。 さらに 「市民との協働のもと 『住んでいてよかったと実感できるまち』を目指す。一方では心機一転、いま何をなすべきか一つ一つひも解き考えていきたい」と意欲をみせ、最後にモットーである 「ぶれない、偏らない、威張らない」も紹介した。公約は既報の通りで教育・文化の振興、福祉・保健医療の充実など5本柱となっている。
 後援会の吉田会長は 「市長選は一騎打ちの戦いが予想されている。 次の4年間の市政に求められているのは柏木氏の安定性、 先見性、 実行力、 中央との太いパイプ。 再び柏木市長誕生へ絶大な支援を」 とあいさつ。 市議会の中野武一議長は 「草の根まで浸透させる選挙運動をしよう。 市議会の保守系も一致団結して応援する」、 世耕弘成参議院議員は 「新しいものに目移りしてはいけない。 自民党も全力で支援したい」 と述べた。 後援会幹事長の中村裕一県議も 「ぜひ圧勝を」 と呼びかけ、 同会青年部の瀬戸啓史部長の発声でガンバローコールも行った。 最後に同会副幹事長の向井孝行市議が 「変えなアカンではなく、 御坊は変えたらアカンや」と訴えた。

関連記事

フォトニュース

  1. 桜はまだ少し早いけど

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る