みなべのヒジキ生育低調

 紀南地方では、 ことしのヒジキの生育が低調だ。 みなべ町の埴田地区でも今月20日ごろから解禁となるが、 漁師らは 「丈が短い。 収量も少なくなるのでは」 という声が聞かれている。
 同町沿岸域では、 以前は多くのヒジキが収穫されたが年々減少している。 詳しい原因は分かっていないが、 冬場の海水温が高いと生育が悪い傾向があるという。 特にことしは生育が低調で、 例年だと1㍍近くにも成長したヒジキがみられるが、 ことしは20㌢程度しかないものが多いという。 埴田地区で漁業をしている磯崎俊夫さん (68) は 「昔は長いヒジキがいっぱい生えたがことしは特に少なく、 収穫量も減少するのではないか」 と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 道成寺のしだれ桜も見頃に

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る