日高川町に復興支援の千羽鶴届く

 昨年9月の台風12号で大きな被害を受けた日高川町に、被災地支援へ折り鶴で募金活動をしている神戸市の主婦らが、千羽鶴と義援金10万円を届けた=写真=。
 協力者に1枚100円の折り紙で折り鶴を折ってもらい、千羽鶴にして義援金10万円を集める仕組み。このプロジェクトは田辺市出身の主婦、早田佳代さんが、新宮市の知人が被災したことをきっかけに企画した。早田さん自身も平成7年の阪神淡路大震災で被災。そんな経験から台風の被災者への思いは熱く、昨年10月、神戸市内の小学校で募金ブースを設け呼びかけたところ、あっという間に輪が広がり、これまで5歳~82歳の人が参加。時間がない人や遠方の人たちの協力の場合、買ってもらった分の折り鶴を早田さんら15人が代わりに折っている。被災地への思いを込めて折られた折り鶴は、1000人分の思いがつながった千羽鶴となり、これまで古座川、那智勝浦、新宮、田辺の4市町に義援金とともに贈っている。
 今回、早田さんが日高川町役場を訪れ、玉置俊久町長に手渡し、玉置町長は「一人一人の温かい思いが詰まった支援、本当にありがとうございます」と感謝した。

関連記事

フォトニュース

  1. 桜はまだ少し早いけど

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る