美浜町は避難場所の確保が課題

 津波高が従来想定の3倍近い17・9㍍となった美浜町は、 24年度で新設された防災企画課が情報の収集に追われている。 町は6月以降にも公表される国の中央防災会議の想定を待って、 県とともに新たな地域防災計画を策定するが、 沿岸部に高台や高い建物がないため、 避難場所の確保が大きな課題となる。
 従来の想定 (津波高6・6㍍) では、 日高川の河口に近い浜ノ瀬地区東部、 田井畑、 上田井、 入山、 三尾の一部などが浸水予測エリアとなっていたが、 今回の17・9㍍の巨大津波となると、 従来は越えないとみられていた煙樹ケ浜と松林も乗り越えて押し寄せる可能性があり、 三尾地区も含め町内ほぼ全域が浸水エリアとなる。
 住宅が密集する和田地区には公共施設以外に高い建物はほとんどなく、 町は本年度、 松原小校舎と和田小校舎に屋上へ避難するための外階段を設置する予定。 しかし、 和田小の屋上は20・7㍍、 松原小の屋上は17・5㍍しかなく、 これについても再検討の対象となりそうだ。
 防災企画課の西岡照光課長は 「現時点ではまだこの数字が公表されただけで、 詳しい説明は受けていないので、 いますぐどうこうするとはいいにくい。 確率は低いものの、 これだけ大きな津波が押し寄せるとなれば、 美浜町だけでなく、 御坊市や日高町、 県とも連携して広域で対策を進めなければならない」 と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る