県が避難所検索アプリ開発

 県は29日、大地震や津波が起こったとき、自分がいる場所の近くにある県内の避難場所の概要や行き方を示すスマートフォン向けソフト(アプリ)の提供を開始した。専用のサイトから無料でダウンロードできる。
 県とソフト開発会社のイサナドットネット(東京)、ファーストメディア(同)の2社が共同で開発し、アプリ名はイサナドットネットが「逃げナビ~和歌山防災~」、ファーストメディアが「全国避難所ガイド」。いずれのアプリも各市町村が指定した学校や公民館の避難場所2646カ所について、県の基準をもとに各市町村が判定した安全性(3段階)、標高、備蓄品、収容人数の情報が登録されている。
 アプリを起動すると、全地球測位システム(GPS)で自分の現在地と、周辺の避難所の登録データが示され=写真=、さらに最適な避難ルートも検索可能。県は風水害に備えた避難所に関する最新の情報もまとめており、その情報もアプリに登録する予定にしている。

関連記事

フォトニュース

  1. わんちゃん大好き

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る