ボーイズ御坊ジュニアタイガースが決勝へ

 全国の支部予選を勝ち抜いた22チームが参加して25日に東京で開幕したボーイズリーグ小学部の第42回日本少年野球春季全国大会に、県代表として出場している御坊ジュニアタイガースが、27日の準決勝第1試合で広島ジャガーズボーイズを下し、初の決勝進出を決めた。
 御坊タイガースは初日の1回戦で船橋ボーイズ(千葉)と対戦。湯川晃生の3点本塁打など9安打を放ち、投げても大星博暉、山本勝生の継投で2点に抑え、9―2(5回コールド)で退けて勢いに乗ると、2日目の2回戦・足立フェニックス(東京都東)戦も打線が爆発。長井良樹が2本塁打、主砲・嶝晴城も1本塁打をマークし、山本、片原琢勝の投手陣も好投して10―1(4回コールド)で撃破。この日2試合目となる準々決勝のジュニアホークス(大阪阪南)戦では、1発こそなかったものの、つながりのある打線で9安打8得点、守っても大星、山本のリレーで最少失点。8―1(5回コールド)で下し、タイガースとして過去最高のベスト4入りを果たした。
 広島ジャガーズとの準決勝は1回表、2番中野が先制ソロ、4番嶝もソロを放って2点を先制すると、3回に3点、4回にも2点を追加。エース大星は4安打完封で、7―0(4回コールド)で28日の決勝進出を決めた。

関連記事

フォトニュース

  1. お外でヨーガ 気持ちいい~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る