由良町が津波ハザードマップ修正

 由良町は東日本大震災被害を受け、平成18年3月に作った町の津波ハザードマップ(津波浸水予想図)を修正。東海・東南海・南海地震に関する国の新たな被害想定調査結果が発表されるまでの暫定版として今月下旬から全戸へ配布する。
 東日本大震災の津波が想定を超える大きさだったため、発生以降に町担当者や各区長らが町内各地の海抜(標高)を調査。指定避難施設や津波一時避難場所を見直し、標高測定結果を反映させた。町は「この機会に、いつ起こっても不思議ではない巨大地震と津波に対して一人一人がどのような注意を払って準備しておくのか、どこへどのように避難するかを考えてほしい」と話している。
 由良町では昭和21年の昭和南海地震と津波で19人が命を落としており、東日本大震災の発生で一層津波に対する危機意識が高まっている。

関連記事

フォトニュース

  1. 道成寺のしだれ桜も見頃に

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る