御坊の須佐神社で春告げるおとう祭

 日高地方に春の訪れを告げる市内塩屋町南塩屋、須佐神社(宮本征也宮司)のおとう祭が10日に行われ、おとう役の子どもたちが長さ2㍍もある「大幣」を振って厄払いした=写真=。
 200年以上続く伝統行事。祝詞奏上などのあとにおとう役が神棚を前に正座。父親らに後ろから支えてもらいながら、大幣を前後左右に一生懸命振っていた。
 おとう役は地元の南谷、明神川など5地区の子どもが務めるが、ことしは対象となる子どもがいたのは3地区だけで、残り2地区は区長らが代役。少子化の影響でここ数年は同じような状況だが、宮本宮司によると、来年は久しぶりに全地区に子どもがそろうという。

関連記事

フォトニュース

  1. かごいっぱいになあれ!

日高地方などのイベント情報

  1. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  2. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る