御坊の須佐神社で春告げるおとう祭

 日高地方に春の訪れを告げる市内塩屋町南塩屋、須佐神社(宮本征也宮司)のおとう祭が10日に行われ、おとう役の子どもたちが長さ2㍍もある「大幣」を振って厄払いした=写真=。
 200年以上続く伝統行事。祝詞奏上などのあとにおとう役が神棚を前に正座。父親らに後ろから支えてもらいながら、大幣を前後左右に一生懸命振っていた。
 おとう役は地元の南谷、明神川など5地区の子どもが務めるが、ことしは対象となる子どもがいたのは3地区だけで、残り2地区は区長らが代役。少子化の影響でここ数年は同じような状況だが、宮本宮司によると、来年は久しぶりに全地区に子どもがそろうという。

関連記事

フォトニュース

  1. う~ん、けっこう汚れてますね

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る