衆議院3区 共産党は原氏擁立へ

 日本共産党和歌山県委員会は9日、 次期衆院選和歌山3区に新人で党県副委員長の原矢寸久氏(60)を公認候補として擁立することを決めた。
 原氏は白浜町出身・在住。 県立熊野高校卒業後、 立命館大学文学部に進み、 在学中の昭和46年に日本共産党に入党。 大学中退後は西牟婁地区委員長や南地区委員長、 昨年から県委員会副委員長を務めている。国政には、平成8年に衆院選和歌山3区に出馬し1万8155票を獲得したほか、 参院選にも4回立候補している。 今回の出馬に際し、 消費税増税反対や第一次産業の振興などを訴えている。
 3区には幸福実現党新人の山下順正氏 (53) が立候補を表明しているほか、 自民党の現職二階俊博氏 (73)、 民主党現職の玉置公良氏 (57)=比例近畿=の両氏も出馬すると見られている。

関連記事

フォトニュース

  1. かわいいアクセサリーできるかな

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る