全国教育美術展 由良の三人が特選

 第71回全国教育美術展の入賞者が決まり、日高地方から由良中学校3年の浜野みなみさん、山下瑞穂さん、硲間千尋さんが個人最高の特選に選ばれた。大正11年に全国図画展として始まった、伝統ある子どもの絵の展覧会で、応募総数は11万点以上。3人はそれぞれ自画像をテーマに版画を制作し、初受賞に笑顔を見せている。
 応募総数は11万8473点(応募校数2672校)。全国審査は地区審査の入選作品を対象にして昨年11月23日に東京お茶の水女子大学付属小学校で行われ、個人賞は特選2317点(県内40点)、入選9208点、佳作6283点が選ばれた。表彰式は今月2日に東京KKRホテル東京であり、すでに表彰状が届けられている。
 3人は2学期の授業で取り組み、浜野さんは他の派手なデザインと違いを出そうと落ち着いた感じをイメージ。山下さんは大好きな動物を周囲に入れ、その視線を集めた。硲間さんは影をつけたり、工夫。3人とも「うれしいです」と話していた。ほか、由良中から新田天馬君(2年)、井上璃紗さん(3年)が佳作に選ばれている。

関連記事

フォトニュース

  1. お外でヨーガ 気持ちいい~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る