災害を忘れない

 1月17日、阪神淡路大震災から17年が過ぎた。大手の新聞は1面で記事を取り上げ、テレビは特集を組んでいた。筆者が担当する由良町でも畑小学校で県の出張減災教室、商工会で防災セミナーがあり、震災を知らない世代に伝える、震災を忘れないよう取材して記事にした。
 畑小では児童が避難訓練をしたあと、地震体験車で阪神淡路大震災をもたらした兵庫県南部地震を体験。震度6以上の大きな揺れに悲鳴が響いていた。商工会では環境・経営マネジメントシステム研究所の小坂雄二さん(千葉県)が減災対策についてアドバイス。とても勉強になり、防災意識が高まるお話だった。
 政府の中央防災会議が昨年末、防災基本計画を修正した、というニュースを見た。東日本大震災で想定をはるかに超えた津波による壊滅的被害が広範囲に及んだ反省から、あらゆる可能性を考慮して最大クラスの地震・津波を検討し、基本計画の津波対策を抜本的に強化したという。また、内閣府の検討会は東海・東南海・南海地震の震源域が連なる南海トラフの巨大地震について、3地震が連動した場合の想定震源域をこれまでの約2倍に拡大。想定される地震の規模をマグニチュード(M)8・7から東北沖太平洋地震と同じM9・0に引き上げるという中間報告がまとめられた。
 最悪の事態を想定し、それに備えることは危機管理の基本。国や自治体が津波対策の強化に取り組むのは当然だが、やはり一番重要なのは個人の備え。近い将来、予想ながら「必ず来る」とされている東海、東南海、南海地震に対し、もう一度それぞれが防災対策を考え、実行、見直す必要がある。  (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. わんちゃん大好き

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る