観光客をどうもてなすか

 日高地方には多くの観光地が存在する。例を挙げると、日高川町の道成寺、みなべ町の梅林などは全国的にも有名だ。三美人湯として知られる龍神温泉もあるし、清流の日高川や自然豊かな海岸は大勢が訪れてにぎわいをみせている。しかしバブル期と比較すると、客数が減少傾向となっている場所もあるのではなかろうか▼観光地という訳ではないが、岐阜県揖斐川町で毎年開催されている「いびがわマラソン大会」には約1万人ものランナーが出場するという。住民の取り組みが成功して地域おこしにつながった例で、24年度に正進社から出版される中学校の道徳の教科書で取り組みが紹介されるという▼同町役場に電話で取材してみると、「大会のキーワードは『ランナーのもてなし』」と担当者が説明してくれた。具体的には▽できるだけ大勢の地元住民が沿道で応援するように呼びかけて盛り上げている▽宿泊施設が少ないため、ランナーが民泊できる体制を整えている▽ランナーから大会運営に協力している地元の小中学生らにメッセージを書いてもらい、受け取った子どもたちからはそのお返しとしてランナーに手紙を送っているなど。キーワードにふさわしいアイデアが随所に生かされ、その甲斐あって先月13日に開催された第24回大会では過去最高の1万1170人となったという▼昔はにぎわったがいまは廃れてしまったような観光地は、全国的にたくさんある。それは観光客の目線で物事を考えず、ただ単に客を呼び込むことだけに固執した結果だったのかもしれない。「観光客をどうもてなすか」。それが観光産業の生命線ともいえるのではなかろうか。   (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. めっちゃ甘そ~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る