一攫千金を夢みる師走

 市内湯川町財部、御坊保健所向かいにある宝神社が、縁起のいい神社名にちなんで夏と年末にジャンボ宝くじの当選祈願祭を始めてから数年が経った。近年は初詣ツアーや当選祈願ツアーの客も多く訪れているが、総代会や氏子による素朴な手作り感覚の催しがよく行われる小さな神社で、「寒いやろ」と熱いお茶を振る舞ってくださるなど取材時にはいつも温かさを感じている◆宝くじは時折思い出したように購入しているが、この頃は1度に3枚だけ買っている。連番で10枚買えば下1けたの当選分300円は必ず戻ってくるが、それでも2700円のマイナス。3枚なら全部外れても900円のマイナスで済む。年末の当選番号発表をワクワクしながら見られるのは10枚でも3枚でも同じこと。それなら1枚でもよさそうなものだが、それだとさすがに心もとない気がする◆神社関係者の神戸方面の知人によると「宝神社で祈祷した宝くじで1億円当たった人がいるらしい」との噂があるが、確認はできないとのこと。関係者が実際に把握しているところでは、これまで同神社で祈祷を受けた人の中から100万円の当選は数回あり、お礼参りに来た人もいるという◆筆者はいつも当選祈願祭を取材したあと遅まきながら購入しており、まだ祈祷してもらったことはないが、取材で宝神社にご縁ができたお陰か、買った3枚の中に下1けたの当選番号があったということが不思議に続いている。このようなささやかな幸運を喜ぶ心を持ち続けるようにすれば、いずれは大きな幸運を呼んでくれるのでは…などと思うが、そこですでに一攫千金を願う心になってしまっているかもしれない。
       (里)

関連記事

フォトニュース

  1. お外でヨーガ 気持ちいい~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る