特産ホロホロ鳥の復活願う

 台風12号で、日高川町特産のホロホロ鳥も大きな被害を受けた。中木地内の飼育小屋が水没し390羽が死滅し、坂本地内の解体処理施設も壊滅的被害を受けた。現在、被害を免れた坂本地内の残る1軒の農家が406羽を飼育しているが、解体処理施設が利用できないため出荷に支障を来している状況。このため現在品薄状態で、産品所で販売中の冷凍肉も残りわずか。産品所隣のほろほろ亭でも提供できるメニューは少なく、きのくに中津荘にいたっては完全にストップしている。
 ホロホロ鳥はアフリカ原産のキジ目の鳥。フランス料理などで使われることも多く「食鳥の女王」などと呼ばれる。以前、きのくに中津壮でホロホロ鳥のフルコースを食べたことがあるが、女王の名にたがわず美味。世界一長い対決で有名な焼き鳥をはじめ、タタキ、ササミカツ、すき焼き、肝煮などの料理で堪能したが、肉の味は野鳥と鶏肉の良いところを併せ持ち、脂肪分が少なめであっさりしながらも弾力性に富む。鶏肉好きの筆者にとってたまらない食材だが、そんな味と世界一長い焼き鳥対決などでの知名度で地域活性化に貢献している。
 復旧が進む中、町内の公的観光施設を管理運営する民間企業が、台風被害で貴重となったホロホロ鳥を使って町に明るい話題を提供しようとほろほろメニューを一新した。試食会で口にしたが、改良したラーメンにはじまりホロホロ鳥ダシのチャンポン、ネギマも絶品。一同が舌鼓を打った。町では1000万円をかけ、解体処理施設の復旧に当たっており、年内の操業を目指している。一日も早くもとのように目いっぱいさまざまなほろほろ料理が堪能でき、再び全国へその名をとどろかせる日が来ることを願いたい。
      (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. みんなサッカー大好きです!

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る