無線エリア拡大に期待

 印南町はこのほど、町公民館での公衆無線LANサービスを開始した。館内に無線LAN内蔵のノートパソコンやアイパッド、スマートフォンなどを持ち込めばインターネットが利用できる。スマートフォンなどはもともとインターネットができるが、無線LANはケーブルでつないだパソコンと同様、大量のデータ通信ができるのが魅力。無線LAN自体は各家庭や事業所にでもあるが、基本的に電波を受信できる範囲に入ってもパスワードがかかっていて使えないようにしている。だが、公民館の公衆無線では簡単な手続きで誰でも無料で使える。日高地方ではまだまだ導入している事業所などは少ないが、全国的にはどんどん無線エリアが増えている。
 個人的には外出先でインターネットを使った調べものができたり、記事や写真をメールで送れるようになるなどなにかと便利になりそうだが、実際のところどういう人が利用するのだろうか。全国的な活用事例をみてみると、観光や地域コミュニティーの場としての利用が多い。若者が集まる街のにぎわいスポットにしたり、また観光については、楽しかった体験や感動した景観などをすぐに情報発信できるようにすることで、地域のPRにもつなげている。
 また災害時の情報伝達手段として使えるほか、今夏については夏休み中の学生や子どもらが集まるスポットとして活用すれば節電にもつながる。全国的には街や地域全体に無線LANを張り巡らす動きもあり、今後どこでもインターネットできることが当たり前になってくるのかもしれない。日高地方の各所でも、公衆無線LANが増えていくことに期待したい。 (城)

関連記事

フォトニュース

  1. お外でヨーガ 気持ちいい~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る