「あの時代」の記憶を掘り出す

 記者は日々、いろんな人に会って話をする。 地方紙とはいえ、ときにはテレビに出てくるような有名人と話をさせてもらえる。 相手に気分よく話をしてもらうのも、 うっとうしい顔をされてしまうのもこちら次第。 礼を失することなく、 緊張しすぎず、 わかりやすく答えやすい質問の仕方が求められる。
 心身にハンデのある人に話を聞くこともある。最近はそうでもないが、取材の際はやはりいまだに肩に力が入る。 「かわいそう」という勝手な先入観、 偏見がどうしても抜けない。大会で入賞したり、運転免許を取ったりというニュースも一見、ホットな話題ではあるが、ことさら大きく扱うのも逆に差別になりかねない。
 心に響く話は、まちに暮らす名もない人の心にある。ともに記憶をたどっていくうち、思いがけずすばらしい言葉や思い出に出くわす。これこそ、自分が 「記者」であることを実感できる瞬間であり、それを傷つけることなくうまく世に出せたときほど、 記者としての喜びを感じることはない。 読者に向けて 「人」 を書く。 基本であって最も楽しく、 最も難しい。
 8月15日に向け、 「戦争」 をテーマに取材を進めている。 大東亜戦争の終戦から66年、 開戦からは70年目の夏となるが、 どの人の記憶も筆者には目が眩むほどまぶしい。 逆にこちらが気負いすぎ、 正直、 当人は意外にそうでもないように感じることもあるのだが、 いま聞いておかねばいずれ語る人は確実にいなくなる。
 昭和の 「あの時代」 を掘り出す作業は、 予想通りのボリュームと重さ。 真夏の期末テスト真っただ中、 結果はいかに…。  (静)

関連記事

フォトニュース

  1. でっかく育ってね

日高地方などのイベント情報

  1. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る