「あの時代」の記憶を掘り出す

 記者は日々、いろんな人に会って話をする。 地方紙とはいえ、ときにはテレビに出てくるような有名人と話をさせてもらえる。 相手に気分よく話をしてもらうのも、 うっとうしい顔をされてしまうのもこちら次第。 礼を失することなく、 緊張しすぎず、 わかりやすく答えやすい質問の仕方が求められる。
 心身にハンデのある人に話を聞くこともある。最近はそうでもないが、取材の際はやはりいまだに肩に力が入る。 「かわいそう」という勝手な先入観、 偏見がどうしても抜けない。大会で入賞したり、運転免許を取ったりというニュースも一見、ホットな話題ではあるが、ことさら大きく扱うのも逆に差別になりかねない。
 心に響く話は、まちに暮らす名もない人の心にある。ともに記憶をたどっていくうち、思いがけずすばらしい言葉や思い出に出くわす。これこそ、自分が 「記者」であることを実感できる瞬間であり、それを傷つけることなくうまく世に出せたときほど、 記者としての喜びを感じることはない。 読者に向けて 「人」 を書く。 基本であって最も楽しく、 最も難しい。
 8月15日に向け、 「戦争」 をテーマに取材を進めている。 大東亜戦争の終戦から66年、 開戦からは70年目の夏となるが、 どの人の記憶も筆者には目が眩むほどまぶしい。 逆にこちらが気負いすぎ、 正直、 当人は意外にそうでもないように感じることもあるのだが、 いま聞いておかねばいずれ語る人は確実にいなくなる。
 昭和の 「あの時代」 を掘り出す作業は、 予想通りのボリュームと重さ。 真夏の期末テスト真っただ中、 結果はいかに…。  (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 春本番もすぐそこ

日高地方などのイベント情報

  1. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  2. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る