「マスコミ的常識」の怖さ

 岩手県の避難所。小学校の体育館にいまも数十人が身を寄せている。夕方、表で1人、70ぐらいのおばさんが所在なげに座っていた。名刺を渡し、取材であることをことわったうえ、津波がきたときの状況を聞いた。すると、おばさんはズーズー弁でわからない部分もあったが、笑顔を浮かべて話してくれたのが「意外」に思えた。
 同じ岩手の津波被害の激しいまち、少し山側へ入ったところで、パチンコ店が営業していた。周りはがれきの山がいくつもあり、ペシャンコの車が何台も転がっていたが、店の駐車場にはけっこうな台数の客の車。一瞬、目を疑ったが、考えてみれば何も不思議ではない。地形や建物の構造から津波被害を免れたのだろう。ギャンブルがしたい、たばこを吸いたい、酒を飲みたい人も多いはず。ごくごく普通の日常だ。
 理不尽で涙もかれるようなつらい災害に違いないが、人間はいい意味でも悪い意味でも、「慣れ」という自己防衛機能を持つ。喜びも悲しみも、快感も苦痛も、長く続いたり繰り返すと慣れて刺激が鈍る。震災直後、一番に届いた支援物資はありがたいが、物資があふれ、腹も満たされると、「いらない」という言葉も出るというのは、被災地で実際に聞いた話である。
 難民の子どもも、満腹になればごはんを残す。こんな話も、テレビに映像が出ないだけで、そんなことはないという「マスコミ的常識」が植えつけられてはいないか。筆者がパチンコ店の繁盛に驚いたように、生きるため、試練を乗り越えるために必要な「慣れ」を否定してはいけない。今後、被災地で耳を疑う事件が起きたとしても、「被災者=不幸」という色眼鏡を外すだけで、案外了解できるかもしれない。  (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 宝探しに親子ら200人

写真集

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る